老犬が元気すぎる件について。飼い主が気を付けてあげないといけない3つのこと

わたしはYouTubeをよく観るのですが、中でもお留守番中の高齢ワンちゃんのいたずら動画をみて「まるでうちの子みたい!」と思ってしまいました。

(※1:00あたりからご注目!)

ワンちゃんは普段は高齢犬らしく(?)大人しく、ゆったり過ごしています。

 

しかし・・・

 

飼い主さんが「カチャッ。」とドアを閉めた瞬間、待ってましたといわんばかりにベッドの上ではしゃぎまくる!

(本当は、ベッドの上には乗らないこと、といつも言われていたのです。)

 

「イェーイ!おかあさんがいないから、今のうちに遊んじゃおうぜ~イェイ、イェイ!」ってな勢いで回る回る。我を忘れて遊んでいます。

 

その後、はっと我に返ったワンちゃんは隣でじーっと見ていた猫ちゃんに気付きます。

 

ワンちゃん🐶「お、おい。お前も遊んだよな、な?」

 

猫ちゃん🐈「何言ってんのよ!お母さんにだめっていわれてるでしょっ!?」(猫パーンチ!)

 

そのやり取りがおかしくて、何度もリピートして観てしまいました。ワンちゃんって、何でもわかってる。悪いことをしてることさえ!

 

一緒に暮らしていると、犬って本当に人間の子どものように感じます。

愛犬の寿命を延ばす方法~成犬の約8割が歯周病予備軍だった~

いったい、何歳からが老犬なの?答えは次のページへ➡

老犬のごはんのお悩みにはコチラの記事が読まれています➡長年犬と生活してきたわたしがこのドッグフードを選んだ理由

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

幼少の頃から身近に犬がいる生活を送っています。 祖父が育てていた元警察犬(ジャーマン・シェパード)が常にいる状況でした。 そして現在は茨城県動物指導センターから引き取った元保護犬をパートナーに選び、暮らしています。 将来は、保護犬の活動の一環として保護施設にいる子たちの避妊手術を寄付できるよう現在活動中。