老犬の食事。ご飯を食べないでおやつしか食べない時はこの方法で!

愛犬の偏食・・・悩ましいですよね。

本当は栄養があるちゃんとしたご飯をきちんと食べてもらいたいのに、おやつしか食べない。

 

若い頃はそんなことなかったのに、歳をとってくると食が細くなって「じゃあ、食べられるものをあげよう。」と苦肉の策であげたおやつを喜んで食べる。

悪循環なのはわかっているけど・・・。

 

栄養価の低いおやつばかり食べていると、みるみる痩せてしまいます。痩せていく愛犬を見るのはつらいですよね。

では、どうしたらきちんとご飯を食べてくれるのでしょうか。

老犬が食事をとらずおやつしか食べない時はこんな理由があった

愛犬は、本当に子どもと一緒。「ご飯食べなくなるからおやつはダメよ!」「じゃ、これだけ食べたらデザート食べていいから。」などと、親は手を変え品をかえ、子どもにご飯を食べさせたい。

 

育ち盛りだから栄養のあるものを食べてもらいたい。

なのに、ちっとも言うことを聞かない。・・・愛犬も全く一緒ですね。

消化不良

愛犬が歳をとってもなかなか受け入れがたいのですが、実は消化機能も低下して消化が遅くなります。

消化が遅いと、なかなかお腹が空かないことも。

 

そんな時は、愛犬が食べたがるまで様子を見てあげてください。無理に食べさせて、消化に時間がかかると内臓に負担がかかります。

自身で加減できる子もいますが、我が家の愛犬は与えたら与えられただけ食べてしまうので注意しています。

 

もし食後に未消化のご飯を吐いてしまったら、その犬にとって食事の量が多い証拠。

「食事が減ったから高カロリーにしないと痩せてしまう。」と安易に、高カロリーの食事を与えようとするのはNG。

 

そんな時は高カロリーの食事ではなく、栄養価が高い食事に切り替えることが重要になります。

今は市販で栄養価が高い食事が出ていますので、そちらに切り替えてもいいですし、生食給餌に変えるのも一つの手。

口腔内に何らかの疾患がある場合

歯石が溜まるとそこから、歯の疾患になる場合があります。

老犬によくみられるのが、虫歯や歯周病・歯槽膿漏。歯がグラグラしていたり抜けていたり、歯茎の炎症で痛みがあると硬い食材を避けがちに。

 

食べ残しが増えることもあります。

もし愛犬が今まで平気だったドッグフードなどの硬い食材を嫌がるようであれば、ふやかして手で潰せるくらいまでの硬さにしてみて下さい。

愛犬の寿命を延ばす方法~成犬の約8割が歯周病予備軍だった~

老犬がおやつしか食べない時にはこんな方法で改善!もっと詳しくしりたい場合は次のページへ➡

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

幼少の頃から身近に犬がいる生活を送っています。 祖父が育てていた元警察犬(ジャーマン・シェパード)が常にいる状況でした。 そして現在は茨城県動物指導センターから引き取った元保護犬をパートナーに選び、暮らしています。 将来は、保護犬の活動の一環として保護施設にいる子たちの避妊手術を寄付できるよう現在活動中。