老犬が食べない・・・余命のことを少し話そうとおもう。水しか飲まない時にしてあげられること

シニアになっても元気だったのに、ここ最近はごはんを食べない愛犬。

 

犬も歳を重ねると人間と同じように目が見えなくなったり、鼻が利かなくなったり、耳もほとんど聞こえなくなるワンちゃんもいます。そして、認知症の症状がみられるワンちゃんも少なくありません。

 

歳をとって、動けなくなったとしてもごはんを食べてくれると「まだ大丈夫だな。」と少し安心しますよね。

 

愛犬の食欲は、体調を図る上でも大事なバロメーターとなります。

 

食べられなくなった子もいると思いますが、食事内容を見直してみるもの大事なポイントです。

「ごはんをたべなくなり、余命があまりない時の症状は次のページへ➡」

老犬のごはんのお悩みにはコチラの記事が読まれています➡長年犬と生活してきたわたしがこのドッグフードを選んだ理由

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

幼少の頃から身近に犬がいる生活を送っています。 祖父が育てていた元警察犬(ジャーマン・シェパード)が常にいる状況でした。 そして現在は茨城県動物指導センターから引き取った元保護犬をパートナーに選び、暮らしています。 将来は、保護犬の活動の一環として保護施設にいる子たちの避妊手術を寄付できるよう現在活動中。