元気な老犬。甘えん坊の老犬、本当の気持ちとは?

老犬になると若い頃と違って体の変化と共に、心にも変化が訪れます。昔はビュンビュン走り回っていた愛犬も、年齢を重ね、走らなくなり歩く速度でさえもゆったりとなります。

 

併せて、老犬と一緒に過ごす時間も、とてもスローな速度になっていきます。

 

音楽に例えていうならば、仔犬~成犬にかけては「トリッチ・トラックチ・ポルカ」だとすれば、老犬に流れる音楽はG.F.Haendelの「LARGO」といったところでしょうか。

 

わたしはこの老犬と共に流れる、とりわけゆったりとした時間も大好きです。

 

老犬になり介護生活に突入、というワンちゃんもいれば、老犬になっても介護なんて必要なくて元気なワンちゃんまで、本当にそれぞれ。

 

ただ、元気なワンちゃんでも急に甘えん坊になる子もいるんです。なぜだか分かりますか?

 

老犬が甘えん坊になる理由とは?

老犬が若い頃はしなかった行動で、最近になって気になる行動やしぐさを始めた場合、その変化をしっかり観察してみてください。

 

「子犬返り」と呼ばれる行動、つまり昔はしなかったのに、最近になって始まった甘える態度をしっかり把握し、愛犬の変化に気づくことが重要です。

  • 頻繁にすり寄ってくる
  • 切ない鳴き声をだす(ピーピー、クーンクーンなど)
  • 飼い主の後をついて回る
  • 飼い主と一緒に寝たがる など

 

このような仕草が見られた時には、あなたに何かを訴えたいのかもしれませんので、撫でてあげたり、マッサージしてあげてみて、さらに変化を確認してください。

おかしな点があったり、異常を発見した場合はすぐに獣医師に診せること。

ただ単に年をとり不安が増えてあなたと一緒に居たい場合

年を取り、老化が原因で甘えん坊になった場合には、優しく声をかけて要望を聞いてあげましょう。恐らく、横に来て撫でてもらいたい、あなたと一緒に居たい、という理由だから。

 

どうしても落ち着かない場合、おすわりや伏せをさせて、落ち着いたら褒めて撫でてあげて下さい。甘える態度に対して、「毅然と構えてすぐに対応してはいけない(つまり、犬と飼い主の主従関係をはっきりさせるため)」と、言われる場合もありますが、やはり愛犬は不安や寂しさをあなたに訴えていると思うのです。

 

ですから、まずは優しく名前を呼んで撫でて、落ち着きを取り戻してあげてください。

 

また、日々衰えてくる体の変化や、出来ないことが増える苛立ちから、老犬の不安を煽り甘えたくなることもあるため、日頃から体力・筋力の衰えを防ぐことも大事です。

  • なるだけ散歩に連れて行く。足腰の筋肉を使うこと
  • 遊びにより、ストレス発散をさせる
  • 足腰の負担や緊張を和らげるマッサージをする など

 

病気が原因であなたに深層の部分であなたに甘える場合

病気が原因で甘えてくる場合、明らかに鳴き声などが違う場合が多いので、すぐに病院に連れて行くこと。

【椎間板ヘルニアの場合】

愛犬が「クーンクーン」と鳴いたり、「ピーピー」鼻を鳴らしたり、または体をすり寄せてくるけど動きたがらない場合は、椎間板ヘルニアの腰痛の症状が出ている可能性があります。

●椎間板ヘルニアとは

脊柱を構成する頸椎から尾椎までの椎骨間にあるゼリー状のクッション(椎間板)が損傷し、神経を圧迫する病気。肥満、激しい運動、加齢などがひとつの原因です。軟骨異栄養症性犬種(ダックス、ペキニーズ、コーギー、ビーグル、パグ、シーズー、プードルなど)にみられ、老犬だけでなく、若いうちから発症することも少なくありません。歩き方など普段の行動をよく観察し、違和感を感じたらすぐに動物病院で診てもらいましょう。

椎間板ヘルニアについては、こちらの記事も読まれています→老犬は椎間板ヘルニアが原因で介護に。後ろ足が動かないのはヘルニアが原因?

【認知症】

犬も人間と同じで、高齢になると認知症になるワンちゃんもいます。認知症になると、生活リズムが昼夜逆転したり、今まで吠えなかったワンちゃんが狂ったように吠え続けたり、また、視力の低下、聴力の低下により出来ないことが増えるその不安から、飼い主への甘えがひどくなるケースも多い。

●認知症とは

老化により、脳の認知機能が衰える病気です。
ぼーっとする時間が多くなったり、理由もなく突然吠えだす、同じ場所をウロウロと歩き続ける、夜泣きが突然ひどくなるなどの症状がある。

まとめ

老犬が甘えてくる場合、それは飼い主であるあなたを信頼しての行動です。まずは心の不安を取ってあげて下さい。

自分だったらどうでしょう。不安だな、怖いな、心細いな・・・と思っている時、心から信頼できる誰か(家族や恋人、心許す友人 など)に「大丈夫だよ。」と、寄り添ってもらうだけでも不安が軽くなりませんか?

 

そして、病気の場合、早期発見・早期治療が何よりも大事です。発見が早いに越したことはありません。常日頃から、愛犬と向き合い、愛犬の立場になって考えること。これが大事なんじゃないかな、と思います。

 

人気記事はこちら→老犬が食べない・・・余命のことを少し話そうとおもう。水しか飲まない時にしてあげられること

こちらの記事も読まれています→老犬や余命宣告された愛犬にしてあげられること。飼い主だからこそ出来るたった1つの事とは

ペット臭を1秒で消す方法は、こちら!➡ペットを飼っている人必見!家の臭いを消す方法とは

 

ブログランキングに参加しています。ポチっ🐾として下さったら励みになります!


犬の介護ランキング

にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ
にほんブログ村

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

幼少の頃から身近に犬がいる生活を送っています。 祖父が育てていた元警察犬(ジャーマン・シェパード)が常にいる状況でした。 そして現在は茨城県動物指導センターから引き取った元保護犬をパートナーに選び、暮らしています。 将来は、保護犬の活動の一環として保護施設にいる子たちの避妊手術を寄付できるよう現在活動中。