犬と一緒に国際線で旅行。アメリカでの犬の暮らし方

先日、モンタナ州に行ってきました。

アメリカ国内での移動の方法として、自動車での移動も考えましたが時間が限られていたので飛行機を乗り継いで行ってきました。

LAを出発し、ソルトレイクシティで乗り継いでモンタナ州入り。

外国の空港って本当に動物(とりわけ犬)に関して寛大だな~っていつも思います。

こんな風に、空港内のお店も普通にワンちゃんも歩いています。

羽田からLAまではデルタ航空を使ったのですが、空港に着いて降りる時にひとつ驚いたことがありました。

前の席の方がシーズー犬が入ったケージを抱いていたのです。

聞いてみると「デルタ航空は小型犬に限り、客室に一緒に入れる」と仰っていたので帰国後調べてみたところ、細かくポリシーを設けてはいますが(詳細はこちら)、機内で一緒に過ごせるんですね。

デルタ航空では機内にワンちゃんと一緒に過ごせる?

平面, 旅行, 旅, 探る, 発見します, 空, 翼, 舞い上がる, フライト

デルタ航空のペットポリシーを抜粋してみました。

Pets in Cabin (PETC)

Delta Allows dogs, cats and household birds* to travel in the cabin of an aircraft to/from certain destinations for a one-way fee,  collected at check in.

*Household birds are only permitted to travel on domestic U.S. flights.

The following restrictions apply to pets traveling as carry-on baggage:

  • Only one (1) kennel per customer may be carried on the aircraft.
  • There are no military exception for pets in cabin.
  • Some aircraft cannot accommodate pets in cabin.
  • A pet must be small enough to fit comfortably in a kennel without touching or protruding from the sides of the kennel and with the ability to move around.
  • The kennel must fit under the seat directly in front of the customer.
  • Maximum carry-on kennel dimensions are determined by the aircraft type. Contact Global Sales Support or Delta Reservations  to determine the appropriate kennel size.
  • A pet must remain inside the kennel (with door secured) while in a Delta boarding area (during boarding and deplaning), a Delta airport lounge and while onboard the aircraft.
  • A pet must be at least 10 weeks old for Domestic travel.
  • A pet must be 16 weeks old if traveling to the U.S. from other countries and must be at least 15 weeks old for European Union travel.
  • A pet counts as one piece of carry-on baggage. Pet in Cabin fees still apply.
  • One pet is permitted per kennel with the following exceptions:
    • One female cat/dog may travel with her un-weaned litter if the litter is a minimum of 10 weeks old to 6 months of age.
    • There is no limit on the number of animals in the litter.
    • Two (2) pets of the same breed and size between the age of 10 weeks and 6 months may be allowed to travel in one (1) kennel, providing they are small enough to fit into one kennel and are compatible. They will be charged as one (1) pet.

キャビン内のペット(PETC)
デルタ航空では、犬、猫、家庭内飼育用鳥類*が、チェックイン時に片道あたりの手数料をお支払いいただければ特定の目的地へ/から特定の目的地へ/お客様と一緒に機内でお過ごしいただけます。

家庭内飼育用鳥類*は、米国内の国内便でのみ旅行できます。

機内持ち込み手荷物として旅行するペットには、次の制限が適用されます。

  • お客様一人につき1匹のケージのみを機内に持ち込むことができます。
  • キャビン内のペットには軍事上の例外はありません。
  • 一部の航空機はキャビンにペットを収容できません。
  • ペットは、犬小屋の側面に触れたり突き出ることなく、ケージの中で楽に動き回ることができるサイズとします。
  • ケージは、お客様の前の座席の下に収まるサイズとします。
  • 機内持ち込みケージの最大寸法は、航空機のタイプによって決まります。グローバルセールスサポートまたはデルタ航空の予約センターに連絡して、適切なケージのサイズを確認してください。
  • ペットは、デルタの搭乗エリア(搭乗および降機中)、デルタの空港ラウンジ、および航空機に搭乗している間、ケージ(ドアを固定した状態)を閉めた状態で管理しご移動ください。
  • 国内線に持ち込めるペットは少なくとも10週齢でなければなりません。
  • 米国行きの国際線に持ち込めるペットは、16週齢でなければならず、欧州連合の旅行では少なくとも15週齢でなければなりません。
  • ペットは機内持ち込み手荷物としてカウントされます。客室内への持ち込み手数料が適用されます。
  • 次の例外を除き、ケージごとに1匹のみのペットが許可されます。
    ・メスの猫 / 犬の場合、離乳していない子猫や子犬とともに一緒のケージに入れることができます(最低10週齢から6ヶ月齢の場合)。
    ・子猫 や子犬の数に限りはありません。
    ・種類とサイズが同じ、そして一つのケージに入れても問題がない10週間から6ヶ月のペット2匹は、同じケージに入れてお預けになれます。この場合、ペット1匹の料金が掛かります。

 

オーストラリア、バルバドス、ダカール、ドバイ、香港、アイスランド、ジャマイカ、ニュージーランド、アイルランド、南アフリカ、英国、アラブ首長国連邦この地域での発着便は適用外となります。

また、機内に一緒に入れるワンちゃんの数には限りがあって先着順だそうです。このような制限はありますが、ご旅行の際には是非確認してみてください。

貨物室での移動と、顔が見える同じ客室内での移動では、かかるストレスが全然違いますよね。

まとめ

本当はアメリカでのワンちゃんの暮らし方をご紹介しようと思ったのですが、デルタ航空のご紹介が少し長くなったので

アメリカのワンちゃんのお話はまた次回、ご紹介したいと思います。

ブログランキングに参加しています。ポチっ🐾として下さったら励みになります!


犬の介護ランキング

にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ
にほんブログ村

一緒に寝ても臭わない!秘密のシャンプーの記事はこちら!犬用シャンプー、いい匂いなのはコレ!トリマーおすすめのシャンプー使ってみた♡

シニア犬のフードについてはこちらの記事を参考に→シニア犬に最適なフードはコレ!老犬の症状別ドッグフードについて

老犬についてこちらの記事も読まれています→老犬が食べない・・・余命のことを少し話そうとおもう。水しか飲まない時にしてあげられること

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

幼少の頃から身近に犬がいる生活を送っています。 祖父が育てていた元警察犬(ジャーマン・シェパード)が常にいる状況でした。 そして現在は茨城県動物指導センターから引き取った元保護犬をパートナーに選び、暮らしています。 将来は、保護犬の活動の一環として保護施設にいる子たちの避妊手術を寄付できるよう現在活動中。