老犬マックス、ずっと寝てる・・・寝すぎだけど最期が近いわけじゃないよね?

老犬がずっと寝ている・・・

以前なら、仕事から帰ると走ってお出迎えしてくれたのに、今は玄関に走って来ることも無くなった。

 

そして、今はもう耳も聞こえないから、近づいても起きてこない。

そしてずっと寝てる。ご飯とトイレの時以外は、ずっと。

老犬はずっと寝るものなの?平均睡眠時間はどれくらいか

老犬のマックスは、いとこと一緒に暮らしているアメリカン・コッカ・スパニエルで多分15歳。

多分、というのはマックスは拾ってきた犬だったから。

 

ちゃんと短くサマーカットされて、首輪はつけておらず、綺麗な箱に入って捨てられていた。その様子は「どなたか、この子を飼ってください。」と言わんばかりに目立つ通りにわざと置かれて。

 

マックスを拾って、一緒に暮らし始めてから10年とちょっと。動物病院に行って聞いてみたところ、はっきりした年齢は不明だが、おそらく15歳以上であることは間違いないらしい。

 

犬の15歳・・・人間に換算すると、何歳にあたるのでしょうか?

関連記事:老犬が元気すぎる犬について。飼い主が気を付けてあげないといけない3つこと

 

アメリカン・コッカ・スパニエルの15歳は、人間に換算すると15歳×5.55年=83.25歳

なんと、83歳だったんですね。

 

マックス君は高齢のために耳が聞こえなくて、誰かが帰って来たことに気が付かないのです。

 

老犬は一日あたり何時間程度、寝ているのでしょう。

老犬は一日何時間寝ているのでしょうか?

仔犬と老犬は、1日の睡眠時間は約18時間必要と言われています。

 

成犬は約12時間~15時間です。

 

この数字を見てみると、納得・・・と思う反面、こんなに寝てるのか!とビックリしませんか?24時間中18時間睡眠・・・

ただ、老犬は18時間寝ている、といっても、その睡眠には二つの種類があります。

レム睡眠

こちらは、具体的にいうと「脳は起きている状況」です。「体の睡眠」ともいわれているレム睡眠。

体の力が抜けて、緊張が緩んでいる中で寝ている状態のことです。逆に脳は起きており、活発に動いています。寝ている犬の目を見ると分かりやすい。

目が動いたり、手足が少し動いたりしているときはレム睡眠中。

ノンレム睡眠

一方、こちらは「大脳の睡眠」とも呼ばれていて、体は起きているけれど脳の活動は休んでいる状態。

呼吸は穏やかで脈も平均すると安定しており、犬はこのノンレム睡眠の間にストレスを消去してるそうです。

人間の場合は平均90分の周期でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しますが、犬の場合は平均約20分ほどでこの周期が切り替わる。

老犬がずっと寝ているのは、心配しなくても良い?!

老犬がずっと寝ている・・・一見心配なこの状態。

ですが、どこかを痛がっていたりしていなければ、心配しなくても良いでしょう。

 

老犬の睡眠時間は成犬よりも長めだと言われています。

若い頃よりもたくさんの休息が必要な理由は、老犬は加齢に伴い、心肺機能や筋肉もが衰えるので体を休ませる必要があるのですね。

しかしながら、いくら休息が必要で寝ているからといって気を使いすぎてお散歩をやめると、とますます老化が進みます。

 

その子にとって無理のない運動量は、飼い主さんが一番良く分かっていると思います。

朝日を浴びながらの散歩は、老犬にとって大事なこと。規則正しく散歩に行き、良質のタンパク質を多く含むごはん(ドッグフード、手作りなど)を十分与えましょう。

まとめ

マックス君は15歳。1980年代に比べたら約2倍の年令を生きているわけです。

長生きして、もっと一緒にいたいけれど、少しずつ最期に近づいている・・・というのはまぎれもない事実。

 

毎日の睡眠時間が長くなったことが、直接寿命が近づいているか、というと一概には言えません。

毎日愛犬と触れ、一緒に生活していると具合が悪くて寝ているのか、そうでないのか分かると思います。

 

犬の寿命が延びたことにより超高齢犬も珍しくなくなった近年、老犬の最期の状態も様々です。介護が必要になった老犬もいますが、老衰で苦しまずに眠るように最期を迎えるワンちゃんもいる。

老衰死する間際の症状としては、病気にかかったような目立った症状はありません。

  • 一日の中で寝ている時間が長くなり、呼吸が弱くなる
  • 食べ物に興味がなくなり、それに伴い排泄量が少なくなる
  • 意識がもうろうとしていることがある
  • 飼い主の呼びかけに反応しなくなる

といった状態が見られます。

 

飼い主さんであれば、この状況になるまでに、徐々に体重が減って一日の中で動きが減っていく状態に気が付いていると思います。

愛する家族の最期を看取ることが出来るのは、ある意味お互いにとって幸せなこと。

 

あなたにはその日まで、まだ時間があります。

一日、一日を大事に、愛犬と笑顔を重ねていきましょう。

 

シニア犬のためのドッグフードについてはこちらの記事をご覧ください→シニア犬に最適なフードはコレ!老犬の症状別ドッグフードについて

 

ペット臭を1秒で消す方法は、こちら!ペットを飼っている人必見!家の臭いを消す方法とは

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチっ🐾として下さったら励みになります!


犬の介護ランキング

にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ
にほんブログ村

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

幼少の頃から身近に犬がいる生活を送っています。 祖父が育てていた元警察犬(ジャーマン・シェパード)が常にいる状況でした。 そして現在は茨城県動物指導センターから引き取った元保護犬をパートナーに選び、暮らしています。 将来は、保護犬の活動の一環として保護施設にいる子たちの避妊手術を寄付できるよう現在活動中。