老犬がご飯を全く食べない。食が細くなった老犬が喜んで食べるドッグフードについて

犬と暮らしていると、いつも一緒にいるせいか、愛犬の老化に気が付かないことがあります。なぜならば、彼らはわたしたちの7倍の速さで歳を取るから。思っている以上に早くシニア期に突入します。

 

仔犬の時の食欲不振と、成犬の時の食欲不振は、原因が違います。老犬になってから食が細くなった場合、老化現象に伴い内臓が弱っている場合もあります

今日はシニア期に入ったワンちゃんのドッグフードの切り替え時期と、ご飯の食べさせ方についてお話しましょう。

老犬がご飯を全く食べない、原因は?

老犬になり、食欲にムラが生じることがあります。

 

ただの食べムラの時もあれば、成犬時代とは内臓も加齢に伴って弱くなり、老犬の食事に切り替えてあげないといけない時期に来ているのかもしれません。

ご飯を食べなくなって、次の症状が当てはまる場合はちょっと注意が必要です。

  1. 呼んでも反応が鈍い
  2. 散歩に行きたがらない
  3. 辛そうに歩く
  4. 身体を一部をしきりに舐める
  5. 段差を怖がる
  6. 以前より震えていることが多い

 

この現象は、老化現象に伴って内臓が弱くなってきたことで疾患を持っている場合があるから。しきりに皮膚を気にしているようなら皮膚に疾患があるのかもしれません。

 

癌になると、極端に食欲が落ちます。食欲不振になったら、癌も疑ってみること。

大切な愛犬のドッグフードを替える時期

愛犬が7歳以上であれば、シニア期に突入しています。わたしたち飼い主からすると、とても元気で、可愛くて、仔犬の時と何も変わっていないように感じても、加齢には勝てません。

 

愛犬の体内は若かった頃と違い、着実に老化現象は起きています。

わたしたちもそうじゃありませんか?

 

20代の頃、と60代、70代は全く違う。人間だって歳を取れば内臓も弱くなります。犬も全く同じなんです。

 

そして、知っておかないと危険なのが、ドッグフードの成分を良く知らずに、そのまま与え続けると寿命を脅かすことがあるのです。

危険なドッグフード

危険なドッグフードを与え続けていると、若い時は気づかなくても、老犬になったら病気という形で表に出てくる場合があります。

体内に蓄積する有害物質

日頃食べさせているドッグフードは、酸化防止剤、防腐剤、食いつきを良くするための高脂肪高脂質な動物性油脂など、多くの食品添加物が使われています。それらを長年に渡って摂取し体内に溜まっていくことが、多くの病気の原因になっています。

粗悪な肉

また、ドッグフードにはどんなお肉が使われていると思いますか?

  • 〇〇肉副産物→肉以外の骨
  • 〇〇ミール
  • 肉類
  • 穀物の名前が一番最初に書いてある(穀物が一番使用量が多いということ)
  • 人工添加物(着香料、着色料など)

 

パッケージの裏の原材料欄にこれらが記載されている場合、あなたの愛犬は危ないごはんを食べていることになります。

肉副産物とは

動物の肉以外(肺や脾臓、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、脂肪組織、内容物が取り除かれた胃や腸)。

肉粉(◯◯ミール)とは

動物の脂肪に熱を加えて溶かし石けんなどの原料を作ったりする工程の中で生まれる、油と分離した残った原料の水分を絞り出したカスのこと。

4Dミートとは

人間には食べることが出来ない、不合格となった肉です。

  • Dead:死骸
  • Diseased:病気
  • Dying:死にかけ
  • Disabled:障害のある

若いワンちゃんは、まだ内臓も若く気が付かないのですが、老犬になると内臓が弱くなってきている以上に、これまでの蓄積もあります。

愛犬の健康を考えるなら、いち早く正しい原材料の良質なドッグフードに替えること!

愛犬が喜んでごはんを食べてくれる秘密

愛犬がドッグフードを食べてくれないのには様々な原因があります。先ほども述べたとおり、老化に伴い内臓が弱くなったことが原因だったり、ストレス性の場合もあります。

 

もともとご飯が大好きだった愛犬が、食べなくなる。

「何で食べてくれないの?」と、頭を抱えるわたしたちよりも、好きなごはんが食べられない、彼ら自身の方が辛いのです。

 

わたしも、犬たちと暮らしてみて、ごはんをたべてくれないことにも直面しました。老犬で、噛む力が無くなったおじいちゃんワンコには、お湯でふやかしたドッグフードにミンチを湯がいたものを混ぜてみたり、食べてくれるまで、色々な方法を試したこともありました。

 

食べムラのあるワンちゃんには、手作りの肉中心のごはんに替えたこともありました。手作りに替えた瞬間、喜んで食いついてくれて、ちゃんとごはんを食べる姿をみて、飛び上がるほど嬉しかった。(コチラの記事に詳しく書いてます→老犬の食事を手作りにしたら体調も変わる。食べない老犬に良い食べ物はコレ!)

 

ただ、どうしても手作りごはんを食べてくれない子もいました。どういうわけか、ドッグフードの方が好き。こういう場合は無理をしないことも大事なことです。

 

さて、なぜ肉だと食いつきが良いのか?その理由は、犬のルーツにあります。犬はオオカミを先祖としている説がありますよね。では、オオカミの食事は何でしょうか?お米ですか?小麦ですか?違います、主食は「肉」です。

 

「生肉」を中心としたご飯に替えた瞬間、野生の本能というのでしょうか、今まで乾いたドッグフードに見向きもしなかったワンコでも、生肉を目にした瞬間、別人いえ別犬かと思うほどの食べっぷりに変る子もいます。

 

ただ、手作りが良いと分かっていても、新鮮な生肉を手に入れることは、都会に住んでいるとなかなか難しいですよね?

 

みなさん、お仕事をしていたり、家事が忙しかったり、通常の生活を送りながら、愛犬の栄養を考えて毎食ごはんを作るのは、結構大変です。この作業が苦で無ければ良いのですが、良かれと思って始めた愛犬のごはん作りが、苦になってしまっては本末転倒というもの。

 

手作りごはんに負けないくらい、栄養が詰まっていて、しかも顎の力が落ちて、よく噛めないワンちゃんにも食べやすい、フードはウエットタイプのもの。お勧めはコチラです。こちらのウエットタイプフード

 

幸い、我が家のワンコは元々食べるのが好きだったので、とてもよく食べてくれました。どんなワンちゃんでも食べるかどうか、一度、保護犬の中でも特に食事に関して問題があるワンちゃんたちに協力してもらいました。

 

結論から言いますと、老犬でも歯のないワンちゃんでも、食べムラのあるワンちゃんでも、顎の力が落ちてよく噛めないワンちゃんも、食いつきがよく、お皿は残りかすも残らずピカピカに食べ終わっていました。

愛犬が目の色を変えて喜ぶドッグフード

癌を発症した原因は、体内汚染や精神ストレスなど、様々な要因が重なり合っているものですが、偏った食事を見直すことは、生活習慣の改善につながる重要なポイントになります。

 

食事と免疫アップは深いつながりがあります。これを知っているのと知らないのとでは、毎日摂取する食事のことなので結果が大きく変わってきます。

 

マグネシウムやカルシウム、カリウムなどは副交感神経を優位にし、免疫力をアップすると言われています。これらを含む食材は、海藻、野菜など食物繊維をたっぷり含むもの。カリウムや食物繊維には、体内に溜まった毒素を体外に排出するデトックス作用もあります。

 

「癌」を発症しているワンちゃんや癌を予防するためには欠かせない食材です。ただし、食事にこだわりすぎて「〇〇を食べさせなければいけない」と決めてがんじがらめになるといけません。飼い主のストレスは愛犬にも伝わりますので避けましょう。

 

また、愛犬の中には「手作りごはんの〇〇が食べられない」と、好き嫌いを言うワンちゃんもいます。体に良いからなんとしても食べさせないと!と思う気持ちは大切なのですが、これもまた、愛犬にストレスが伝わりますのでやめましょう。

 

手作りごはんが大変だな、少ししんどいな、と思ったらウエットタイプのフードも取り入れてみては。

 

このフードは、原材料に良質なお肉が使われています。しかも人工添加物不使用。さらに完全グレインフリー(穀物未使用)。癌に良いとされている食物繊維が豊富な野菜(サツマイモ、ニンジン、ブロッコリー)や、デトックス効果を含む果物(リンゴなど)をバランスよく取り合わせていて、そして美味しい!

 

このウエットタイプを勧める点は、

  1. ウエットタイプである(水分を含む)
  2. マグネシウム、カルシウム、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれている
  3. 良質なお肉が原材料
  4. 人工添加物不使用
  5. 癌のワンちゃんにもオススメできる

 

この5点です。我が家でも時々こちらのフードを食べさせますが、缶を開ける時の匂いが、まず違う。当たり前ですが、ドライフードとは全く違います。そして、どのドッグフードの時よりも喜んで食べ、美味しそうな顔をするのです。

『このドッグフードに配合されているミドリイガイとは?』

ニュージーランド海沿岸に住むマオリ族が長年愛用した価値ある優れた栄養素です。ニュージーランド原住民、マオリ族にはリウマチ、関節炎の人がほとんどいないことが以前から知られていました。マオリ族は毎朝きれいな海で収穫された緑イ貝を食べる習慣があり、この中に含まれるETA(エイコサテトラエン酸)がリウマチ、関節炎などに効果があることが知られています。また、リプリネックスで肺と気管の周りの筋肉の緊張を緩めると、呼吸がスムーズになり、健康な肺機能の維持にも役立ちます。

ちなみに、最安値をAmazonで探したところ・・・

 

ドライタイプについては、販売していますが残念ながらウェットタイプはAmazonでは販売していませんでた。ウエットタイプは、公式サイトでのみの販売だそうですHPで詳細を見てみる

 



さらに、このサイトから購入すれば最大20%オフでお買い求め出来ます。もちろん「どんな感じか試してみたい」という方には1回お試しも出来ます。

保護犬の活動でお世話になっている獣医師に「このドッグフードに切り替えたい」と、相談したら「内容面も栄養的にもGood!」と太鼓判を押してもらいました。

 

保護される犬は仔犬や若い成犬ばかりではありません。中には、老犬になって捨てられたり、パピーミルで仔犬を産むだけ産まされて、役に立たなくなったから、と言って捨てられるワンちゃんも少なくありません。

 

そのようなワンちゃんたちは、病院に連れていってもらえておらず、歯も抜け落ち、病気を抱えている子もいます。

 

このフードは、歯のない子でも、人間不信で他のごはんを拒否した子でも、病気で食が細い子でも、今まで食べなかったワンちゃんはいません。

 

愛用者の声を見てみる

体にいいものを選んであげたいです!

うちの子は人間の食べ物が好きで、目を離すとすぐ盗み食いをしてしまうほど。そのせいかドライフードには食べムラがあり、食べないときはウェットフードをトッピングしています。高齢になるにつれて病気をすることも増えてきたので、添加剤や防腐剤をなるべく使わない、体にいいものを選んであげたいと思っています。

池田亜由美様・ハッピーくん(12歳)

 

もしあなたの愛犬が、食べ物にあまり興味を示さなかったり、食欲不振になっていたとしたら、今すぐドッグフードを替えてみてください。

このフードなら食べてくれるはずです。

まとめ

「昨日までの食事が体を作る」

良い食事に切り替えて、適度な運動と正しい食事で、あなたの愛犬はきっと良い方向へと向かうはずです。これまで、ドライドッグフードを食べずに飼い主であるあなたは困っていたかもしれません。

 

でも、それ以上に食べる楽しみを失った愛犬たちは辛かったと思います。正直いうと、ごはんを食べてくれないと本当につらい。手作りにしても、胃袋を乾燥させたものを混ぜても(これはワンちゃんの大好物!)ダメな時、このウエットフードを食べてくれた時は涙が出そうでした。

 

定期購入にしなくても、1度だけ試してみる方法もあります。きちんと食べて、きちんと運動して、楽しい毎日を送る。

どうぞ、あなたが愛犬と長く一緒に暮らせますように。

 

食が細くなったシニア犬のフードについてはこちらの記事をご覧ください→シニア犬に最適なフードはコレ!老犬の症状別ドッグフードについて

 

犬についてこちらの記事も読まれています→老犬が食べない・・・余命のことを少し話そうとおもう。水しか飲まない時にしてあげられること

 

余命宣告された老犬のためにわたしたちが出来ること、コチラの記事も読まれています→老犬や余命宣告された愛犬にしてあげられること。飼い主だからこそ出来るたった1つの事とは

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

幼少の頃から身近に犬がいる生活を送っています。 祖父が育てていた元警察犬(ジャーマン・シェパード)が常にいる状況でした。 そして現在は茨城県動物指導センターから引き取った元保護犬をパートナーに選び、暮らしています。 将来は、保護犬の活動の一環として保護施設にいる子たちの避妊手術を寄付できるよう現在活動中。