老犬外飼いの注意点。暑さ対策、寒さの対策の方法について

最近の調査で、犬の室内飼育率が室外飼育率を上回ったということが報告されました。

 

首都圏内では、殆どが室内犬だと思うのですが、地方に目を向けると、番犬として室外で飼われていることが少なくありません。

 

実際に、実家(九州)の近所で飼われている犬は、その約半数が室内犬で残りは室外犬で、「番犬」として飼われています。

 

成犬のころは体力もあるし、最初から外飼いであれば慣れもあるため、暑さ寒さの心配はさほどありません。

 

ただし、老犬になり体力も衰えてきて、介護が必要になった時は外飼いのままで大丈夫なのでしょうか?

老犬を室外で飼っている場合の「暑さ対策」

犬は一般的に多少の寒さには耐えられる生き物ですが、暑さにはめっぽう弱い。(※犬種にもよります)

 

近年では室内犬だったら、夏場25度を超えたあたりからエアコンで温度調節することが一般的になりました。

 

先述のとおり、犬は暑さに弱い生き物です。犬は汗をかかないため「舌」をハァハァさせて唾液の水分を蒸発させることで体内の熱を外へ逃がしています。

※ブルドッグなどの短吻種は熱を逃がす能力が比較的低いため、熱中症になりやすいといわれています。

 

一方、室外犬の場合はエアコンでの調節が出来ません。時々、室外犬に扇風機を使って風を送っている人を見かけますが、これは正しい暑さ対策なのでしょうか?

 

人間は体のほとんどに汗腺があり汗をかいたときに扇風機の風が当たると、その汗が蒸発する時に(気化という)熱を奪うため涼しく感じます。

 

しかし、犬は体の構造が人間と異なるため、送風だけではあまり効果は期待できません。

 

ですから、室外犬の場合、必ず行って欲しい対策があります。それは「直射日光を避ける」ということ。可能なら、犬小屋を移動させ木陰や日陰に入れてあげてください。

 

出来れば老犬になったころから、玄関など室内に入れてあげることが一番の対策になります。

 

暑さ対策のグッズで、金属プレート(アルミプレート)の板があります。金属の冷たさで、涼をとるものですが、これは室内犬用と考えて下さい。

 

外飼いのワンちゃんには向きません。外だとどうなるか、実験してみたのですが、冷たい金属の板もお日様の光が当たれば、熱を持ちます。

 

冷たい時間は最初だけでした。

 

この他にも、少しでも涼しくする方法としてはサマーカットもお勧め。しかし、これは犬種にもよります。柴犬やゴールデンレトリバーなどは一度刈り上げるとなかなか毛が生えてこないため、見栄えを気にされる方にはお勧めできませんが、涼しくなることは間違いないです。

老犬を室外で飼っている場合の「寒さ対策」

犬は、暑さに比べて寒さには耐えられます。

 

柴犬など、毛がしっかり生えている犬種(つまりダブルコートのワンちゃん)は、犬小屋の中に暖かい毛布、もしくは厚手のバスタオルを敷いて入口にも、暖簾のように風よけを付けてあげればOK。

 

しかし、老犬となれば話は別です。老犬は成犬に比べて体力も衰えています。また、体温調節が成犬の時に比べて苦手になります。

 

特に足先の冷えは顕著に現れます。できれば、玄関の中に避難させてあげて欲しところ。これであれば、だいぶ寒さをしのげます。

 

老犬に限らず、小型犬、毛のない犬種、弱っている犬についても同様、玄関や他室内に入れてあげることが望ましい。

 

もし、どうしても玄関先に入れることができない事情がある場合、暖房を利用するのが良いのですが、安全面からどうしても難しくなります。

 

そんな時は、夜間だけでも「湯たんぽ」を使うと良いでしょう。湯たんぽは直接皮膚に当たることが無いように、タオルでグルグル巻きにしてください。

 

おまけ)祖父の家のお風呂は薪風呂でした。平成になって建てた家でしたが、薪風呂以外のお風呂に入ったことが無い祖父は、その暖かさを手放せず、家を建て替える時も特別に薪風呂を作ったのです。薪をくべる時、その火の中に豆炭を入れておく。その、湯たんぽならぬ、豆炭あんかを仕込む姿を覚えています。豆炭あんかは朝が来ても全然冷えていなくて暖かい。外飼いの老犬も、これがあれば、朝まで暖かくていいな、と思いました。

 

追記)今、Amazonで調べてみたところ「売り切れ」となってはいますが、ありました!豆炭はガスコンロでも仕込むことができるため、もし購入出来たら、便利かもしれません。

もし熱中症になったら

ここ近年の猛暑は記憶に新しいと思います。外飼いのワンちゃんだけでなく、室内犬でも熱中症に気を付けないといけません。

 

もし、熱中症になってしまったら「地肌からしっかり冷やす」こと。冷水のシャワーをかけてしっかり冷やしてあげた後、病院にすぐに行ってください。水が飲めそうなら、水を飲ませること。

熱中症の症状

  1. ひどく荒い口呼吸になる
  2. よだれがダラダラ出る
  3. 体温があがる
  4. ひどくなると、下痢、嘔吐、麻痺、意識レベルの低下、呼吸と心拍停止

※実は、熱中症は室外犬よりも室内犬の方が多いと聞きます。まさか!とお思いでしょうが、本当なのです。

まとめ

外飼いのワンちゃんを、室外で介護することは可能だと思います。

 

ただ、最近の夏場の暑さは異常ともいえる位、暑い上に湿度が高い。サウジアラビアから帰国した友人が「日本の方が暑い」と言っていた言葉に衝撃を受けました。

 

私たちが想像している以上に、日本の夏は過酷なのです。

 

外で介護する場合は、暑さ・寒さの対策をしっかりと行い、直射日光及び冷たい風をしっかりしのいであげること。

シニア犬のフードについてはこちらの記事を参考に→シニア犬に最適なフードはコレ!老犬の症状別ドッグフードについて

 

老犬についてこちらの記事も読まれています→老犬が食べない・・・余命のことを少し話そうとおもう。水しか飲まない時にしてあげられること

 

ペット臭を1秒で消す方法は、こちら!➡ペットを飼っている人必見!家の臭いを消す方法とは

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログランキングに参加しています。ポチっ🐾として下さったら励みになります!


犬の介護ランキング

にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ
にほんブログ村

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

幼少の頃から身近に犬がいる生活を送っています。 祖父が育てていた元警察犬(ジャーマン・シェパード)が常にいる状況でした。 そして現在は茨城県動物指導センターから引き取った元保護犬をパートナーに選び、暮らしています。 将来は、保護犬の活動の一環として保護施設にいる子たちの避妊手術を寄付できるよう現在活動中。